スポンジの違いで使い分ける

マイカーを購入した際は非常に綺麗な艶が出ていますが、その艶も使えば使うほどどんどん失われていきます。ただ艶がなくなるだけではなく、ワックスなどによって保護されていた塗装面がむき出しになることで傷や汚れが付きやすくなってしまうため、定期的に洗車を行うと共にワックスもしっかりかけておかないとボディーはすぐに汚れてしまうでしょう。ワックスを塗るときはスポンジにワックスを付けて作業する事になるかと思いますが、この時使用するスポンジがワックススポンジで無い場合はワックススポンジを使うよりも綺麗に塗ることが難しいかもしれないので、出来ればワックススポンジを使用するようにしましょう。

自動車のワックス掛けに使用されるワックススポンジはその名前の通り普通のスポンジよりもワックスが塗りやすくなっているといいます。具体的に何が違うかというと、ワックススポンジは普通のスポンジと比べるときめ細かい造りになっており、ワックスを満遍なく付けてボディー全体に延ばす事が出来ることから仕上がりを綺麗にしやすいという特徴があるといいます。ワックスに付属しているスポンジは当然ながらワックススポンジなので、もしそのスポンジが古くなって使い物にならなくなった時は新しいスポンジもワックススポンジを買うようにしましょう。